トラブルが起きても慎重に

借地権等に関する法的トラブルが発生した際、焦って決断を下してしまうことは危険です。それは問題を改善させるどころか、両者の信用関係を壊してしまうものとなるからです。借地権に関するトラブルは長期化すると、親から息子の代までそれが引き継がれる場合があります。そうならないように、お互いが良い関係を気付いていくことが大切である、と言えます。それとともに、契約者自身が、借地権契約に関してよく熟知しておく、ということが必要です。それは、トラブルが起きた時のためにも必要なことです。

借地権は、基本とされる権利、普通の借地権や、定期借地権のような、更新が認められていない種類があります。また、それ以外の種類もあります。通常の借地権は契約満了時に建物を所有者に買い取ってもらうような権利が認められていたり、定期借地権では認められていなかったりします。そういった点について分からない部分があるなら、ぜひそういった点も専門家に相談してみましょう。

権利に関してトラブルが発生したら、時間をおかずに専門家に相談して、問題が複雑化しないようにしましょう。それは、両者の関係性を損なわないためにも、不必要なリスクを負わないためにも必要なことです。

借地権のことを相談する

他にも、借地権契約にはトラブルが発生しがちです。土地の価値は時代によって大きく変わっていきますし、人々の考え方も変わっていきます。土地・借地権に関する売買のトラブルもあります。また、借地権にはいわゆる『旧法』で契約された権利があり、その頃に契約された借地権は、変更が利きませんから、いわゆる『借主』にとって有利、『地主』にとっては不利な権利となっています。地主にとっては解約がかなり難しいのです。そういった問題は新法になってから改善された部分もありますが、やはりいまだにトラブルは発生しています。

それらの借地権に関して、何らかのトラブルが発生した時、地主は、また借主は、どのようにそれを判断することができるのでしょうか。また、どのように解決することができるでしょうか。それには、借地権について詳しい、専門家に相談するという方法があります。相続等に関する相談であれば、弁護士、借地権全般に関する相談なら、不動産鑑定士に相談することができます。

関連情報>借地権の相続について-ピタットハウス【借地権 無料相談ドットコム】
専門家へ無料で借地権相続に関する相談ができます。

そういった専門家に相談する時は、初回の相談料が無料になっている専門家に相談することができるかもしれません。弁護士であっても初回無料で相談に乗ってくれる場合があります。

借地権でトラブルが起きる理由

どのような契約においても同様ですが、それらの契約には二者間の同意のもとに行われていますから、お互いがその契約に基づいている必要があります。両者がそれを遵守することによって、その契約を平穏に継続して行くことができる、と言えます。しかし、契約の履行の仕方によっては、両者間でトラブルになってしまうことがあります。主にそれは、どちらかがその契約を破るような行為を行ったことが関係するでしょう。

さて、それは『借地権』にかかわる契約にも起こり得ます。借地権は、いわば土地をレンタルしているわけですから、いわゆるレンタル料…地代を地主に支払わなければいけません。しかし、もしそれに未払いが発生したり、滞納したりするなら、地主とトラブルになることは十分にあり得ます。本来借地権は、どちらかというと一方的な解約が難しい契約ですが、その未払いのような、正当な理由があるとされる場合は、契約の解約が認められます。

ですから、借地権の履行に関しては、様々な点で注意が必要です。例えば、それは借りている土地ですから、何でも好き勝手に利用して良い、というものではありません。様々なことを行う前に、地主に許可を求めなければならないことがあります。

「借地権」について

私達の『暮らし』に関係するような法律は、誰もが覚えているかもしれません。そしてそれを、別段生活の中で意識せずとも、遵守することによって法律を守っている、と言えます。そうすることは私達を守ることであり、他の人との関係性を平穏なものにすることにつながっています。さて、私達が日常的に必要な法律はあまり難しいものではありませんから、あまり考えなくても守ることができますが、私達には難しい法律もたくさんあります。それについて考える機会が無ければ、一生考えないこともあるかもしれません。そのような法律には、どのような法律があるのでしょうか。その一つが、今回取り上げる『借地権』という法律です。

私達は誰もが個人の『住居』で生活を行っていますが、その私達が住んでいる住居は、自分の土地に建てられている、ということは少ないでしょう。誰もが、誰かの土地を借りて建てられた住居に住んでいるでしょう。そこが一軒家であっても、マンションやアパートなどの集合住宅であっても、そこが誰かの所有している土地に建てられている、ということには変わりありません。

さて、そこでその土地を、『住居を建てる』ためにその土地の所有者から借りなければなりません。そこで土地所有者(地主)とかわす契約が、『借地権』契約です。借地権とはいわば、その土地を借りて、住居などの建物を建設するために使用しても良い、という権利です。その権利があってはじめてそこに住居を建設することができます。