借地権でトラブルが起きる理由

どのような契約においても同様ですが、それらの契約には二者間の同意のもとに行われていますから、お互いがその契約に基づいている必要があります。両者がそれを遵守することによって、その契約を平穏に継続して行くことができる、と言えます。しかし、契約の履行の仕方によっては、両者間でトラブルになってしまうことがあります。主にそれは、どちらかがその契約を破るような行為を行ったことが関係するでしょう。

さて、それは『借地権』にかかわる契約にも起こり得ます。借地権は、いわば土地をレンタルしているわけですから、いわゆるレンタル料…地代を地主に支払わなければいけません。しかし、もしそれに未払いが発生したり、滞納したりするなら、地主とトラブルになることは十分にあり得ます。本来借地権は、どちらかというと一方的な解約が難しい契約ですが、その未払いのような、正当な理由があるとされる場合は、契約の解約が認められます。

ですから、借地権の履行に関しては、様々な点で注意が必要です。例えば、それは借りている土地ですから、何でも好き勝手に利用して良い、というものではありません。様々なことを行う前に、地主に許可を求めなければならないことがあります。