トラブルが起きても慎重に

借地権等に関する法的トラブルが発生した際、焦って決断を下してしまうことは危険です。それは問題を改善させるどころか、両者の信用関係を壊してしまうものとなるからです。借地権に関するトラブルは長期化すると、親から息子の代までそれが引き継がれる場合があります。そうならないように、お互いが良い関係を気付いていくことが大切である、と言えます。それとともに、契約者自身が、借地権契約に関してよく熟知しておく、ということが必要です。それは、トラブルが起きた時のためにも必要なことです。

借地権は、基本とされる権利、普通の借地権や、定期借地権のような、更新が認められていない種類があります。また、それ以外の種類もあります。通常の借地権は契約満了時に建物を所有者に買い取ってもらうような権利が認められていたり、定期借地権では認められていなかったりします。そういった点について分からない部分があるなら、ぜひそういった点も専門家に相談してみましょう。

権利に関してトラブルが発生したら、時間をおかずに専門家に相談して、問題が複雑化しないようにしましょう。それは、両者の関係性を損なわないためにも、不必要なリスクを負わないためにも必要なことです。